読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルチュー日記~キラキラ女子に憧れて~

キラキラ女子に憧れるアルチュー。合コン・飲み会・婚活・パーティーとか

シェアハウスからシェアハウスに引っ越した!シェアハウスの違いや感じたことをまとめてみました

シェアハウス

こんにちは、りなです。

別のシェアハウスに引っ越した結果、いろいろ違いがあるなと感じたので注意点と感じたことをまとめてみました。

f:id:linan:20160910213133j:plain

まずはシェアハウスのスペックから紹介

前に住んでいたシェアハウス

  • 場所:都内の割と便利なところ
  • 家賃:約4万円(共益費込)
  • 部屋:ドミトリー(女性専用部屋)
  • 住人:男女両方 20代~30代 外国人OK(日本語話せる人のみ)
  • 管理:週2回掃除あり、備品は買ってくれる
  • 特徴:古い一軒家を男性専用ドミトリー、女性専用ドミトリー、個室に分けて利用

今住んでいるシェアハウス

  • 場所:都内の便利なところ
  • 家賃:約6万円
  • 部屋:個室(お布団ひけるぐらいでそんなに広くない)
  • 住人:女性専用 少人数
  • 管理:掃除は各自 ルールは緩い 消耗品はほとんど自分で用意

 

引っ越して感じた違い

その1・個室最高!!!

元々ゲストハウスとかでドミトリーに慣れてはいたものの、やっぱり感じるのは個室最高!!ということです。
ほかの人のこと気にせず好きなことしたり、好きな恰好で寝たり(どんな格好かはご想像にお任せします)出来るのが幸せかな。

共同だと意識してキレイにしたりしないといけなかったけど、個室なので多少荒れても大丈夫なのはありがたい限りです。

その2・交流がほとんどなくて、少し寂しい

引っ越して感じたのは、テラスハウスとは違うけど前のシェアハウスは結構交流があったんだなってことです。
家に帰ってきて当たり前のように「おかえり」「ただいま」があった生活から、全然人と交流しない生活になりました。

住んでいる人の人数も今は少ないので、そうなるのは仕方がないとはいえ少し寂しいなと思いました。

人との交流をシェアハウスに求める人は、事前に内覧して交流があるのか確認したほうがいいと思います。

その3・宅配の荷物を受け取ってもらえない

これが地味に不便です。
前のシェアハウスでは誰かしら家にいて荷物を受け取ってくれていたので、
わざわざ不在票みて電話してって作業が少なくてすごく便利でしたが
今の家の人は受けとってくれないんですよね。

干渉しないというのがルールかもしれませんが、
不便だなと感じます。
宅配の荷物なんかはほんとにそのシェアハウスの文化だと思うので、
気になる人は事前確認しましょうね。
たまに宅配ボックスのついているシェアハウスもあるみたいです。

 

いろいろ違いはあるけど引っ越したことについては満足

やっぱり個室っていいなってことです。
個室でしかも住人とコミュニケーションないなら一人暮らしでいいじゃんって
話なんですが、やっぱり生活コストが安い。

敷金礼金とかないし、月々も安い。
けど人を呼べないのがつらいです。

この家に長くいることは正直ないかなと感じていますが、
次に引っ越すときは人を呼んでも大丈夫なシェアハウスか
やっぱり一人暮らしかなと思ってます。

宅飲みしたいし、友達泊めてあげたいしっていうのが理由です。
友達を呼べるシェアハウスはあるけど、やっぱり総数は少ないので…。


人も呼ばない、他人が気にならないし、生活コストは安いほうがいいって人は
シェアハウスはオススメです。

 

以上